健康食品の義務表示

健康食品には、成分が表示されることが義務付けられています。健康増進法第31条によるもので、圧制労働省や消費者庁が管理をしています。幾度か表示の基準が改善されてきており、現在は安心できる高い基準となっています。主に、配合されている成分とその量が記載されています。基準に達していなければ、認可が下りず販売はできません。それでも、選ぶ健康食品が基準値に達していることを確認しましょう。基本的には消費者側が健康的に安心して取り入れられるよう健康食品に表示しています。安全性が高いことを確信し、信頼できます。購入者側からの判断によって決められる点も、表示は大変重要です。

他に消費者庁では食品以外のものが多いのですが、大変率直に情報や製品、食品により実際にあった例が公開されていますので、健康食品を購入する際参考にできます。消費者安全調査委員会では、トラブルにつながるものがないかを調査し、結果を出します。その上で意見を述べていきます。それは、内閣総理大臣や関係している行政機関にまで及びます。消費者庁では、購入者の為に健康食品の成分基準値の公開もしています。食品安全基本法や、安全ガイドもありますので、一度はご覧になり基準を知ってから確認して購入することがお勧めです。サイトでご覧いただけます。食品の成分に関するパンフレットもダウンロードできます。健康食品の表示や情報提供は、食事と共に健康食品を選ぶ際に大変役立ちます。

◇管理人特選サイト
健康食品としても人気の青汁ですが近年ではミドリムシを使ったユニークな青汁もあります・・・ミドリムシの青汁

Copyright © 2014 健康食品の表示について All Rights Reserved.